浄瑠璃寺門前 あ志び乃店        619-1135
京都府木津川市加茂町西小札場56
             0774-76-2791
あ志び乃店を覗いて見てください。
団体でお越しの方へ
下の掲示板と同じですが、花情報も載せています。
浄瑠璃寺さん、その他のニュースです。
浄瑠璃寺のことなら・・・
岩船寺のことなら・・・
石仏・ハイキングコース
加茂町
今のところ般若時・円成寺・秋篠寺・白ごう寺
どうぞ、お気軽に書き込んでくださいね。
あ志び乃店の花がいっぱいです。

あなたも作ってみませんか?

揚げだしナス  揚げ大豆のじゃこ煮 梅シロップ  しそジュース

みょうがの甘酢漬け きゅうちゃん漬け


しそジュース 用意する物
 赤じその葉300g
 砂糖1Kg
 クエン酸25〜50g
 保存瓶2L位の大きさの物

 
 花粉症の方に効くといわれています。
     水で薄めたり、炭酸水で薄めたり、カキ氷にかけてもおいしいですよ。

赤じその葉をちぎり、重さ(300g)を量り、洗う。
少し大きめの鍋に水1升を入れ、沸かす。
鍋に1のしそを入れ、葉の色の紫色が抜けるまで、炊き出す。
葉を取り出す。そして、一度濾しておく。(クッキングペーパーなどで)
こした汁をもう一度鍋に戻し、砂糖(700g〜1Kg)、クエン酸(25g〜50g)を入れ、沸騰させる。
よくアクを採る。
保存瓶をよく、煮沸消毒し、もう一度濾しながら入れる。

砂糖、クエン酸の量は お好みで入れてください。
クエン酸の代わりにレモンや、酢でも出来るそうです。
クエン酸は薬局で手に入れることが出来ます。
ちゃんと、瓶を消毒すると一年間は保存できます。


梅シロップ 用意する物
 青梅1Kg
 砂糖1Kg
 保存瓶4L位の大きさのもの


    梅が出る時期にしかできませんが、
    また、来年挑戦してみてください。
    水で薄めたり、炭酸水で薄めたり、カキ氷にかけてもおいしいですよ。

青梅1Kgは1個づつ竹串でへたを取り除き、水洗いし、ざるにあげ、
水気が取れたら、もう一度キッチンペーパーなどで、完全に水分を取る。
1の青梅を冷凍庫に丸一日ほど入れて、凍らせる。
熱湯消毒した瓶に、凍らせた青梅と、砂糖(700g〜1Kg)を交互に入れる。
冷暗所で保存する。
梅が、解け始めてきたら、時々瓶を振って、砂糖を溶かす。
冷暗所で10日位で、飲む事ができます。


揚げ出しナス 用意する物
ナス(あればとうがらしを添えても)
サラダ油
そばつゆ
 (市販のもので可)

夏はなかなか食がすすみませんが、これは冷やすとツルツルと入っていきますよ。
作り方は簡単。
一度試してみてください。

ナスは縦に4つ割り、長さは器に合わせてお好みで切って、水にさらす。
アクがぬけたら、ざるにあげ、キッチンペーパーなどで、水気を拭き取る。
サラダ油で、揚げ、油分をきって、バットなどにいれる。
その上に、そばつゆをかけ、あら熱がとれたら、冷蔵庫で冷やす。

うちは、手作りのそばつゆですが、市販のものでも、いいと思います。


揚げ大豆のじゃこ煮 用意する物
大豆(水煮のものでもいい)
じゃこ
サラダ油
片栗粉
砂糖
醤油
 分量は目分量です。
 ごめんなさい。

大豆たんぱくと、おじゃこのカルシウム
おかずに、お酒のおつまみに最適!

大豆は水煮でもいいが、生なら、柔らかくなるまで、煮る。
1の大豆に片栗粉をつけて、サラダ油で揚げる。
砂糖と醤油でおじゃこを煮る。(大豆が漬からない位の少しの量でいい)
3の中に2を入れて、からからと炒るように、混ぜる。

みょうがの甘酢漬け みょうが 300g
酢大さじ1
甘酢(酢3/4カップ・砂糖1/2カップ・
    塩小さじ1・1/2・水3カップ)
保存瓶

1 みょうがはよく洗い、ホウロウ鍋に熱湯4カップと、酢を入れて、
沸騰させ、10秒くらいですぐザルにあげておく。
2 ホウロウ鍋に甘酢の材料を入れ、煮立たせて冷まし、保存瓶に
みょうがと甘酢を入れる。
(大きいみょうがは縦に半分に切ったほうが、漬かりやすい)

きゅうちゃん漬け きゅうり20本
酒 2カップ
みりん1カップ
濃い口2カップ
酢100cc
昆布10cmほど
だしの素1袋

きゅうりが沢山採れた時などに、作り置きしておくのに、ちょうどいいかも?
日持ちもしますよ。

大きな鍋にお湯を沸騰させ、その中にきゅうり20本を入れる。
丸一日浸けて置く。
次の日、きゅうりを取り出し、お鍋の水をまた沸騰させ、取り出したきゅうりを
再び入れる。これを、3日間繰り返す。(あまり暑い日は、丸一日のところを少し早めに取り出したほうがいい)
4日目に取り出したきゅうりを5mmくらいの輪切りにする。
そして、水分を8割程度取る。(取りかたの参考として、脱水機にかけてもいいし、網の袋に入れて、グルングルン回してもいい。
手で、しぼってもいい。とにかく結構、水分を取ること)
調味料を鍋に煮立て、水分を取ったきゅうりを入れる。半日置き、きゅうりを取り出し、また、調味料を煮立て、きゅうりを入れる。
い鬘害鷏り返す。
途中、味見をしてみて、好みの味にして見ても良い。
白ゴマや、はりしょうがを上に乗せて、どうぞ。

途中、暑さで傷むことがあるので、もし出来たら、粗熱が取れたら、鍋ごと冷蔵庫に入れたほうがいいかも。。。

最初のページへ