浄瑠璃寺門前 あ志び乃店        619-1135
京都府木津川市加茂町西小札場56
             0774-76-2791
あ志び乃店を覗いて見てください。
下の掲示板と同じですが、花情報も載せています。
浄瑠璃寺さん、その他のニュースです。
浄瑠璃寺のことなら・・・
岩船寺のことなら・・・
石仏・ハイキングコース
今のところ般若時・円成寺・秋篠寺・白ごう寺
どうぞ、お気軽に書き込んでくださいね。
あ志び乃店の花がいっぱいです。

ニュース

 ◆浄瑠璃寺さんからのお知らせ
 
「九体阿弥陀仏」の修理・修復

 当寺の本尊、平安後期の九体阿弥陀如来像は往時の姿をほぼそのまま残している貴重な作例として国宝に指定されています。
 数年前、各像を調査していただいたところ傷んでいたり破損している箇所が見られたため明治期以来約百年振りの修理・修復を実施するこになりました。平成二十九年度より五カ年計画で、年一体か二体が寺を留守にされます。修理の開始時期は未定ですが始まりますと五年間は揃った姿を拝んでいただけなくなります。


「奈良西大寺展」

 当寺の本山、奈良西大寺の創建一二五〇年記念事業の一環として、全国三会場で表記の展示会が催されます。当寺からは、”吉祥天女像””薬師如来像””大日如来像”等の仏さまが各会場に分かれてお出かけになる予定です。

「先代住職、快勝和尚逝去」
 昭和四十三年より約四十八年に渡り住職を勤めてまいりました快勝和尚、平成二十八年三月三十一日、世寿八十五才にて逝去いたしました。 永年に渡る皆様のご厚情に感謝いたすますと共に、謹んで報告申し上げます。

快勝和尚の逝去に伴い新たに住職の任を拝命いたしました。
 長い歴史を持つこの寺の有り様を伝え繋ぐため精進する所存です。
 よろしくお願いいたします。    佐伯功勝(拝)
                              2017(平成29)年1月1日発行の くたいじ    より、転記させていただきました。

       私(あ志び乃店)が書いていいものなのか?と思いましたが、間違いなくお伝えするため、そのまま写させていただきました。
                                    
 追記
 「九体阿弥陀仏」の修理・修復ですが、
 当初上記の予定でしたが、相手さまの状況から、夏、もしくは秋以降になりそうだということです。

 
  浄瑠璃寺さんからのお知らせです。

入堂納金改訂のお知らせ

このたび、昭和50年代より据え置いてまいりました入堂納金を諸般の事情により
以下の通り、平成29年4月1日より、改訂させていただきます。

  *大人(中学生以上)       400円
  *団体扱い 高校生50名以上 300円
          中学生50名以上 200円
  *障害・療育手帳等        200円
 

   ご理解いただきますよう、お願いいたします。     浄瑠璃寺
                             
                    ◇浄瑠璃寺庭園保存修理工事
本堂前を中心とした発掘調査と護岸整備、池底の泥の浚渫作業などと、本堂背後の樹木の伐採、枝おろし等を順次されます。     昭和51年以来、35年ぶりの工事だそうです。H24 1月〜
◆平城遷都1300年事業の一環として
 ◇浄瑠璃寺 10/30〜11/14
    薬師如来像が本堂にて特別開帳
 ◇岩船寺   10/30〜11/14
    三重塔初層の内部公開
    ※雨天時は中止の場合あり
 ◇海住山寺 10/30〜11/14
    五重塔初層の内部公開
    ※荒天時は中止の場合あり    
平成22年

 
 
ふるさとミュージアム山城にて、
「塔に誘われて」と題して浄瑠璃寺、岩船寺、海住山寺の三塔の企画展が行われます。平成22年7月10日〜8月22日 
 
 
◆初層壁画(重要文化財)及び彩色の公開H22年2月15日

◆アライグマによる被害の修復のために出ておられた薬師如来さまがお帰りになり、本堂内にて仮安置(三重塔修理のため)されます。
 御厨子の中にお祀りしておられますので、開扉は従来と同じ、毎月八日、正月三が日、春分、秋分の日です。H21.12/19 
 
 
第7回行者まつり

2009年6月6日(土)〜7日(日)
10:00〜16:00
   ◆法要 6日・7日とも 13:00〜
      神変大菩薩三尊像
      供養と祈願
       大日如来灌頂堂にて

   ◆御法話 6日・7日とも 14:00〜
       『知恵のことば ”法句経に学ぶ”』
        浄瑠璃寺住職 佐伯快勝
       大日如来灌頂堂にて
≪地蔵堂かいわい≫楽しい催し物

◎墨跡展   浄瑠璃寺住職  墨跡
◎仏像彫刻展  「長老仏師と孫仏師の巻」
              佛所 慧光庵
◎お地蔵様を彫りましょう  無料
       仏師 山本峯香 
           門下の皆さん
◎大紙芝居 『叡尊上人さま』創作民話ほか
       集団 四月の会 高木 宏ほか
◎南京玉すだれ  集団 四月の会
◎お茶 接待所
◎行者市  野菜・陶器・染織物・手作りパンなど
 【特別御開扉】
  ●灌頂堂秘仏  役行者三尊像(法要中は拝観できません)
  ●地蔵堂秘仏  地蔵菩薩立像
             弘法大使像
         開祖 義明上人像   
■奉賛料 3,000円(但し、本堂参拝、記念品、法要及び御法話に参加できます。)
 主催 小田原山 浄瑠璃寺・瑠璃の会 / お問い合わせ 0774-76-2390 






浄瑠璃寺馬頭観音さん
奈良国立博物館より
10年ぶりのお里帰り
明治時代より奈良国立博物館へ出ておられる浄瑠璃寺の馬頭観音立像は、
丁度10年前の平成9年に初めてお寺に戻られました。
 それから10年経った今年、縁あって、二度目のお里帰りとなります。
 馬頭観音とは、その名のとおり、頭上に馬の顔を持つ観音さんで、馬が草を食べるように
我々衆生煩悩を食べ尽くしてくださるとされる仏様です。
 ちなみに、当寺の罵倒さんは四面八臂(しめんはっぴ)(四方に顔と八本の手)の像で、
製作当初の姿がほぼそのまま残っている上、年代、作者、製作場所までが像の内側に
記されており、その点でも、とても貴重なものと言われています。
 現在の予定では、8月10日(金)に戻ってこられ、10月の初めの頃まで滞在されます。

是非一度、お参りしてください。
講談社より・・・
「日本の仏像(全50巻)第8巻」
‘浄瑠璃寺 吉祥天と九体阿弥陀‘
  7月19日に発売される。
 日本中の主な仏像を原寸大の写真などで紹介する「日本の仏像」シリーズ
第8巻で浄瑠璃寺の吉祥天さんを取り上げていただきました。
ふだん目にすることのない後姿の写真なども、掲載されています。
小学館より
「古寺を巡る」(全50巻)
第32巻「浄瑠璃寺」が
9月18日(火)発売予定
上に紹介した本は、仏像が主体ですが、こちらは‘寺院全体‘を
さまざまな角度から紹介されている本です。


 
  □平成19年3月12日より 相楽郡から木津川市に 変りました。

 
第一回加茂フォトコンテスト
テーマ    加茂町の自然と文化、史跡、産業、人の営みなど「加茂の四季」の写真 

作品     カラープリント 4つ切り(ワイドを含む)
        デジタルカメラでの撮影も可です・(デジカメはA4サイズ可、
        プリントしたものに限ります。 

応募資格  問わず応募期間 平成18年12月1日〜平成18年12月25日必着 

応募方法  作品種別、題名、氏名、性別、年齢、住所、電話番号、
        撮影日時、撮影場所を応募表(コピー可)に記入し、写真裏面に
        貼り付け応募してください。

応募上の注意 未発表で、一年以内に写したものに限る。
          応募作品は返却しません。   
          合成写真、複製写真は応募できません。  
          主催者側は人物被写体に対する肖像権の侵害などの責任は
          負いません。
          応募作品の提出枚数には制限はありません。ただし、
          賞は上位1人1賞とします。
     ==========賞==========
最優秀賞(1位)  賞金3万円、賞状、副賞
優秀賞(2位)    賞金1万円、賞状、副賞
佳作(3位)     賞状、副賞
  
審査員 
 
   写真家 矢野 建彦氏
          日本写真家協会(JPS)会員
          NHK文化センター講師  
          朝日カルチャーセンター講師
   他に、主催・後援関係者及び、主催者側で委任した方々で
   審査します。

審査会  平成19年1月下旬

発表  入賞者には郵送で通知し、下記ホームページでも発表します。
     加茂町生涯フェスティバル 第24回公民館まつり(平成19年
     2月17日18日の二日間)及びその他公共施設で展示します。
     http://www.eonet.ne.jp/~kamokankoukyokai/

表彰式 未定
      詳細については入賞者に通知します。
  
応募及びお問い合わせ先  
    加茂町観光協会 619-1152
      京都府相楽郡加茂町大字里小字南古田25-2
       Tel・Fax 0774-76-8170(月・水・金の10時〜16時)
       http://www.eonet.ne.jp/~kamokankoukyokai/
   または 加茂町役場産業生活課
       Tel 0774-76-3611

個人情報の取り扱いについて
   1・応募表に記載いただく個人情報は、入賞通知、賞品などの送付など本コンテストを運営するために必要な範囲で使用します。
   2・入賞発表、作品集、作品展に転じ、広告に使用する作品などには、撮影者の氏名や、都道府県名を明示する場合があります。
   3・個人を特定できないよう統計的に加工・分析した上で利用する場合があります。


応募票は、上記観光協会まで、お申し出ください。 




第4回行者まつり

平成18年6月3日(土)4日(日)
午前10時〜午後4時

                 
特別御開扉
灌頂堂 秘仏役行者三尊像(法要中は拝観できません)
地蔵堂 秘仏地蔵菩薩立像                  
6月3日
大日如来灌頂堂にて
奉納  《叡尊さま》紙芝居11:00より
        高木 宏他
法要  神変大菩薩三尊像供養と祈願13:00より
奉納  《古調 道中伊勢音頭》
        岡出 政一他 
法話  誕生・成長期・老化期・死滅14:30より
      ー末法の世を楽に生きる妙薬はー
       浄瑠璃寺住職 佐伯 快勝        
地蔵堂かいわい

○山本峯香さんとお地蔵さんを彫りましょう
○浄瑠璃寺ご住職墨跡展
○中野翠畦展
○南京玉すだれ・風船コーナー
○フリーマーケット
   竹炭・陶器・野菜・染色物など
○お茶席
6月4日
大日如来灌頂堂にて
奉納  《叡尊さま》紙芝居11:00より
        高木 宏他
法要  神変大菩薩三尊像供養と祈願13:00より
奉納  謡曲 金春流 《葛城》
        上浦 一道  塩井 由男
法話  誕生・成長期・老化期・死滅14:30より
      ー末法の世を楽に生きる妙薬はー
       浄瑠璃寺住職 佐伯 快勝
※駐車場がありませんので、公共交通機関か民営駐車場をご利用くださるようお願いします。
主催 小田原山 浄瑠璃寺・瑠璃の会 お問い合わせ 0774-76-2390
  □淡交社より、「古寺巡礼 京都 」第二巻「浄瑠璃寺」が発行されました。



第3回行者まつり

日時 平成17年6月4日(土)5日(日)
      午前10時〜午後4時

【6月4日】10:30より 大日如来灌頂堂
  法要10:30 故山本峯玄仏師菩提の為
  法要11:00 神変大菩薩三尊像供養と祈願
  奉納1、   謡曲 金春流「葛城」   
                金春 康之
  法話14:00 「自然・いのち」
           浄瑠璃寺住職 佐伯 快勝
  奉納2、   「叡尊さま」(紙芝居)
                高木 宏  他
【6月5日】13:30より 大日如来灌頂堂
  法要     神変大菩薩三尊像供養と祈願
  奉納1、   「古調道中伊勢音頭」   
            伊勢の有志 岡出 政一 他
  法話14:30 「続自然・いのち」
            浄瑠璃寺住職 佐伯 快勝
  奉納2、   「叡尊さま」(紙芝居)
                高木 宏  他

   法要参列ご希望の方は、志納料2500円(2日間共通・記念品含む)


■特別御開扉
■灌頂堂 秘仏役行者三尊像・地蔵堂 秘仏地蔵菩薩立像 他

他にも、地蔵堂の近くでは
   浄瑠璃寺住職の墨跡展、中野 翠畦展、山本峯玄仏師を偲ぶコーナー 
   写仏、フリーマーケットのコーナー、南京玉簾、風船コーナーなどがあります。
       





岩船寺三重塔壁画公開

日 時 平成17年5月3日〜5日
 午前10時から午後3時まで
特別参拝料 300円

  


小田恵子さんと描き歩く!春のスケッチウォーク会

陽春の岩船寺でスケッチツアー

 平成17年4月23日

詳しくはこちらまで


浄瑠璃寺の除夜の鐘

浄瑠璃寺さんの今年の除夜の鐘は
午後11時30分 開門
午後11時45分 札が配られ、浄瑠璃寺関係の方から撞き始められます。
午後12時30分から本堂で法要があります。

今年も、「い」「ろ」「は」「に」「ほ」のそれぞれ、
108番までの番号札が準備されているそうです。



相楽木綿の歴史振り返る


私事になりますが、
以前に日記に書いたことがあった、「相楽木綿」の展示会が山城郷土資料館で開かれています。
   京都新聞平成16年10月19日の切抜きです。


「加茂の水と緑を守る会」結成15周年記念

浄瑠璃寺コンサート

十川尚子(チャコ)・千江子(ミミ)さんをお迎えして
チャコさんとミミさんが贈るジャズ・ポピュラーの名曲の数々・・・

日時 平成16年9月18日(土)
夕6時30分会場 7時開園(終了予定8時30分)
会場 浄瑠璃寺庭園
  雨の時は加茂町「あじさいホール」
協力券 800円
曲目 テネシーワルツ・星に願いを・嘘は罪ほか


主催 加茂の水と緑を守る会・浄瑠璃寺コンサート実行委員会
   お問い合わせ   0774−76−6248(宮本様)

恭仁京 秋桜まつり

平成16年10月9日(土)10日(日)
詳しくはこちらまで。


創作集団まほら展

日時 2004年5月28日(金)〜30日(日)
     am10:00〜pm5:00
場所 浄瑠璃寺灌頂堂

東 正氏、石崎 光四郎氏、吉村 庄作氏、橋谷 彰仙氏、岸本 圭司氏、竹井 耀齋氏による、まほら展が行われます。

事務局 竹井 耀齋 630-1123  奈良市生琉里町130-2   Tel : 0742-95-0705


本堂の向拝(ごはい・こうはい)の保存修理

工事の全工程の貴重な資料をいただきました。
ぜひ、ご覧ください。

浄瑠璃寺では、今日から(H16年3月16日)、本堂の向拝(正面の、屋根の出ているところ)の
修理が始まりました。
皆様のご協力をお願いします。





第2回 行者まつり
                    於 小田原山 浄瑠璃寺

日 時 2004年6月5日(土)6日(日)
    午前10時〜午後4時
法要志納料 2000円 《三堂拝観 記念品ふくむ》
6月5日(土) 11時より 於 大日如来灌頂堂
法要   役行者三尊像供養と祈願の法要
奉納   金春流 謡 「葛城」金春 康之
講話   「浄瑠璃寺今昔」 佐伯 快勝(浄瑠璃寺住職)
6月6日(日) 13時より 於 大日如来灌頂堂
法要   役行者三尊像供養と祈願の法要
奉納   魂笛 勢梅流 家元 勢梅 由貴
記念講演 テーマ「生命のおしえ」
         講師 佐伯快勝(浄瑠璃寺住職)
 古調道中伊勢音頭 披露 岡出 政一・とよ子


     両日 地蔵堂かいわい
仏像彫刻展 山本 峯玄 & 門下展 *〔宝蔵〕
写仏 ご希望の方は前日までに申し込みを〔地蔵堂〕志納料1000円
墨跡展 浄瑠璃寺住職 墨跡展
フリーマーケット 野菜(やまぎこ会)・竹炭他(当尾婦人会)
陶器他(相楽作業所)・染織物他(いづみ作業所)
お茶席 陶芸家 植村 貞澄氏
行者まつり協賛 書家 中野 翠畦展〔境内各所にて〕

*山本 峯玄&門下生の作品は八木様のページにリンクさせていただいております。

特別御開扉<拝観料300円> 灌頂堂 秘仏 役行者三尊像
地蔵堂 秘仏 地蔵菩薩立像

お問い合わせ 浄瑠璃寺・瑠璃の会 0774−76−2390


浄瑠璃寺の除夜の鐘


今年も残す所、あと僅かとなりました。
浄瑠璃寺さんの今年の除夜の鐘は
午後11時30分開門
午後11時45分札が配られます。
そして、浄瑠璃寺関係の方から撞き始められます。
今年も、「い」「ろ」「は」「に」「ほ」のそれぞれ、
108番までの番号札が準備されているそうですよ。

秋の浄瑠璃寺と奈良市内の秘仏・秘宝・花情報

浄瑠璃寺 
「薬師如来像」毎月8日と9月23日(秋分の日)  但し好天に限る。
「吉祥天女像」10月1日〜11月30日
正倉院展(第55回)    奈良国立博物館 東新館 西新館
期間 10月25日(土)〜11月10日(月)(開催中は無休)
時間 午前9時〜午後6時
料金 一般1000円 高校・大学生700円 小・中学生400円
交通 JR/近鉄奈良駅より市内循環バス氷室神社・国立博物館下車

今年の正倉院展は、鳥毛篆書屏風、十合鞘御刀子、平螺鈿背円鏡など聖武天皇と光明皇后が身辺に置かれた品々を初め、東大寺で用いられた仏具や献物几・箱、奈良時代の衣装や佩飾品、薬物と顔料、文書類などが出陳されます。
今回は特にぼかしの効果を出しやすい「刺し繍」を中心としている刺繍作品、貴人が腰帯からさげた飾りの佩飾品、また雲母粉、銀粉、丹、雄黄、紫鑛などの薬石類や顔料およびその関連品がまとまっていて、また、文書類は戸籍や正税帳などが出陳されるほか、顔料にかかわる物が含まれています。
春日大社
「特別公開 ”かたなとよろい”」
期間 〜11月15日(土)
交通 JR・近鉄奈良駅より
      春日大社本殿行きバス  
         終点下車すぐ
電話 0742−22−7788

東大寺
「転害会・八幡殿特別開扉」
日時 10月5日(日)午前8時〜午後4時
交通 JR・近鉄奈良駅より市内循環バス
       大仏殿春日大社前下車
電話 0742−22−5511

般若寺
「特別寺宝展」
期間 10月26日(日)〜11月10日(月)
「萩」 9月下旬から10月上旬
「コスモス」 9月から10月上旬
電話 0742−22−6287


興福寺
「国宝北円堂特別開扉」
期間 10月25日(土)〜11月10日(月)
交通 近鉄奈良駅下車、徒歩5分
電話 0742−22−7755

元興寺
「秋季特別展」
期間 10月25日(土)〜11月9日(日)
「萩」 9月中旬〜10月中旬
交通 近鉄奈良駅下車徒歩13分
電話 0742−23−1377

新薬師寺
「香薬師如来像特別開扉」
期間 10月25日(土)〜H16年3月21日
「萩」 9月初旬〜11月下旬
交通 JR・近鉄奈良駅より市内循環バス
     破石(わりいし)町下車徒歩10分

白毫寺
「萩」9月上旬〜下旬
「紅葉」11月下旬〜12月
交通JR・近鉄奈良駅より市内循環
    高畑町下車徒歩20分
電話 0742−26−3392

薬師寺
「平山郁夫画伯 大唐西域壁画公開」
期間 9月5日〜11月25日(火)
「大宝蔵殿特別公開」
期間 10月8日(水)〜11月10日(月)
「萩」9月下旬〜10月
交通 近鉄西ノ京駅下車徒歩2分
電話 0742−33−6001
西大寺
「秋の特別展”秘仏愛染明王像開扉”」
期間 10月15日(水)〜11月30日(日)
「萩」9月下旬〜10月上旬
交通 近鉄西大寺駅下車徒歩3分
電話 0742−45−4700

法華寺
「本尊国宝十一面観音菩薩立像
    特別開扉」
「国宝阿弥陀三尊・童子像特別公開」
「国指定名勝庭園・客殿公開」

期間 10月25日(土)〜11月10日(月)
交通 JR・近鉄奈良駅より西大寺駅 
     または航空自衛隊行きバス
     法華寺前下車徒歩5分
電話 0742−33−2261 
大安寺
「本尊十一面観音像特別開扉」
期間 10月1日(水)〜11月30日(日)
交通 JR・近鉄奈良駅よりバス
    大安寺下車徒歩7分
電話 0742−61−6312




(社)奈良県観光連盟 奈良イベントガイドブック 参照

恭仁京 秋桜まつり

今年も、コスモスまつりが行われます。
ぜひ、お越しください。

日時  10月11日(土)
      午前10時〜午後8時
     10月12日(日)
      午前10時〜午後4時30分
場所 京都府相楽郡加茂町例幣
       恭仁京跡

なお、お車での乗り入れはお控えください。
シャトルバスをご利用ください。



岩船寺三重塔内一般公開 

          平成15年7月1日(火)〜6日(日)
             午前10時より午後4時まで
             (但し晴天に限る)
          拝観料  800円(通常300円+三重塔拝観500円)
                  三重塔を拝観された方には記念絵葉書がいただけます


第一回 行者まつり

 と き   平成15年6月7日(土)8日(日)
                  午前10時〜午後4時30分
 ところ   浄瑠璃寺

受け付け 大日如来灌頂堂にてまず受付をすませてください。
拝観証などをお渡しいたします。

特別御開扉 秘仏 役行者三尊像 灌頂堂 拝観料
 300円
秘仏 地蔵菩薩立像 地蔵堂
法要 6月7日(土)午前11時30分より
          役行者三尊像供養と祈願の法要
大日如来
灌頂堂
法要と
記念講演
6月8日(日)午後1時より   
    役行者三尊像供養と祈願の法要
御結縁祈願札納入の儀 
  奉納  魂笛 勢梅流
          家元  勢梅 由貴

講演テーマ「役行者と加茂」
      講師  芝野 康之氏
         (加茂町教育委員会) 
※志納料2000円(記念品含む)
写仏 写仏ご希望の方は、行者まつりの前日までにお申し込みください。 地蔵堂にて 志納料
 1000円
ぼくせき展 浄瑠璃寺御住職・墨跡展 宝蔵にて
仏像彫刻展 仏師 山本 峯玄 と 門下展
 秘仏役行者像修復、岩座、前鬼・後鬼を造像してくださいました仏師です。
作品展 心身障害者・作業所の作品展  他 地蔵堂近辺にて

    ※8日 好天のみ 秘仏 薬師瑠璃光如来 御開扉

主催 小田原山 浄瑠璃寺・瑠璃の会  お問い合わせ筍娃沓沓粥檻沓供檻横械坑

尚、お食事が必要な方はあ志び乃店(0774-76-2791)でご予約承ります。

「関西花の寺開創10周年法要」

浄瑠璃寺が第16番札所である「関西花の寺二十五番霊場会」は今年開創10年です。これを記念しての法要があります。

  日  時   平成15年5月11日(日)
          午前10時半(法要開始予定)
  
  場  所   第25番 観心寺(河内長野市寺元475)

                    筺。娃沓横院檻僑押檻横隠械

  お知らせ   当日「出開帳」を行われます。全寺院の語朱印を押した完成軸や住職の
           墨跡をお求めいただけます。
           法話・写真展・版画展の他、イベントも計画中です。   


奈良薬師寺大講堂落慶奉賛      
西国薬師霊場開創15周年記念 出開帳

49霊場を一度にお詣りできます

3月29日(土)〜4月2日(水)薬師寺にて

奈良薬師寺(西国薬師霊場第一番札所)では、白鳳伽藍復興の総仕上げともいうべき
大講堂がこの春いよいよ完成しました。西国薬師霊場四十九カ寺では、
この大講堂落慶奉賛事業の一環として、
同寺にて各霊場ご本尊の分身をまつり出開帳とお砂踏みを実施します。

          期間  3月29日(土)〜4月2日(水)
               午前9時〜午後4時
          場所  薬師寺大講堂前の回廊 

※ご注意 これは浄瑠璃寺ではありません。薬師寺です。


「歴史街道」

今度は、ABCテレビで浄瑠璃寺など加茂町が放送されます。

日時  平成15年3月3日、4日、5日
       (浄瑠璃寺は5日放送です。)
     PM6時55分より

ちなみに、3月5日、6日の放送はは柳生だそうです。


バーミヤン石窟壁画 写真展       写真家 中 淳志氏

浄瑠璃寺のパンフレットを手掛けられた写真家 中 淳志氏が
旧ソ連の侵攻、内乱の20年を超え残ったアフガニスタンのバーミヤン石窟群を危険と困難を乗り越えて、撮影に成功され、その写真が展示されます。
併せて、旧ソ連侵攻前に京都大学調査隊が撮影された写真も展示されます。

場所 奈良県万葉文化館
     奈良県高市郡明日香村飛鳥10番地
     0744-54-1850
     http://www.manyo.jp

日時 2003年3月6日(木)〜4月13日(日)
    午前10時〜午後5時30分(入館は5時まで)
     水曜日休館 入場料無料


浄瑠璃寺のお正月の秘仏公開

薬師如来像 正月三ケ日(好天に限る)、8日
吉祥天女像 正月元日〜15日
大日如来   毎年正月8日、9日、10日



浄瑠璃寺の除夜の鐘

12月31日浄瑠璃寺でも、除夜の鐘が行われます。

みなさんに撞いて頂けるようにと
「い」「ろ」「は」「に」それぞれ108までの整理券が配られます。
11時45分位から、門が開けられます。(たぶん)

そして、池を回るように、順番に並んで下さいね。

本堂の入り口で、甘酒を飲む事が出来ます。(早い者勝ち)(笑)


最初のページへ  浄瑠璃寺 

Copyright (C) 2000-2017 ashibinomise, All rights reserved.